18650バッテリーの容量

18650バッテリーというのは、18650サイズのリチウムイオン電池のことです。

(直径18mm、長さ65mm)


ライト好きな人で、単3電池や単2電池などを使うライトよりもさらにパワーが欲しい人はだいたいリチウムイオン電池に移行します。

また、みんなが持ってるモバイルバッテリーも、細長いものや厚みがあるものはだいたい18650が入ってます。


そんな18650バッテリー、意外と容量の違いあるのが目につきます。

品質が高いと言われるものはサンヨー製を主流とする日本製、他にはSamsung製も高品質なようです。

Samsung製リチウムイオン電池はなかなか売ってません。

中国製品の安いものは妙に容量が大きい表記のものが多いけど、実際は少ないってのは、まぁ想像に難しくありません。


ということで、今回新たに購入したリチウムイオンバッテリーチャージャー XSTAR VC4でどれくらい充電できるか数値化した結果を見てみます。

このVC4、充電容量を数値で表してくれて、正確性はわかりませんが、なかなか良さそうな数値を示してくれます。


私が持っているリチウムイオンバッテリーは3種類。

サンヨー製18650 2600mAh

sanyo2600.jpg


TrustFire製18650 3000mAh

trustfire3000.jpg

UltraFire製18650 2600mAh

ultrafire 3000


さっそく充電してみました。

DSC02500s.jpg

表示されているCH1がTrustFire製3000mAh、CH4がサンヨー製2600mAh

どちらも2600mAh前後を示しています。

サンヨー製は表記どおりの数値、TrustFire製も3000mAhには届かないけど、それなりの容量を持っているようです。何よりサンヨー製より安くて同じ程度の性能があると考えれば、それはそれで良い選択肢になりえます。

DSC02499s.jpg

こちらはCH2、CH3ともにUltraFire製2600mAhですが、1500mAh強しか容量がありません。その分安いけど、これは妥協を超える数値かと思います。


そもそも、このUltraFire製リチウムイオンバッテリー、持った瞬間に違和感を感じました。

軽いんです

そもそも電池が軽いってどうなってんの?

安いけどその分、中の溶液が少ないとかそういう感じ?

ということで測ってみました。

DSC02501s.jpg

DSC02502s.jpg

本気(マジ)で軽かった。。。

スポンサーサイト

ブレーキシューをアルテグラに交換

ブレーキシューの交換はロードバイクのメンテナンスの中でも簡単な部類です。

ということで、交換してみました。
前々から、リアブレーキの弱さが気になっていたのと、上位のブレーキシューはどんな感じなんだろう?と思って購入。上位のものでも1000円ちょっとなのでとてもお手頃です。
ちなみに以前ついていたものはSORA。

DSC02220s.jpg

上位グレードになるとブレーキパッドがカートリッジ(台座)とシュー(パッド部分)に分かれているので、次回以降の交換はシューのみの交換で済むので、さらにお得です。

いきなりだけど
結果
何も変わりませんでしたヾ(o´∀`o)ノ

ブレーキの効き具合、感触、何も変わりません。
こっそり変えられていても絶対気づかないどころか、交換したと言われても気づきませんw

まぁブレーキの交換もまた定期メンテナンスの一つなので、練習にはちょうどいいでしょう。
難易度も高くないので初心者にもオススメです。
ただし、制動関係は命にかかわります。慎重さだけは忘れずに。

DSC02223s.jpg

今までついていたSORAブレーキパッド。
車体も洗わないとなぁ。

DSC02225s.jpg

まだ3,500kmほどしか走っていないのでまだ残っています。
表面を触って見ると、非常にスベスベで「よくこれでブレーキかかるよな」と思います。
ゴムの感触というよりはプラスチックに近いです。

DSC02224s.jpg

右がSORA、左がアルテグラ。
見た目はほとんど変わりませんね。

なお、写真には残さなかったけど、装着時にカードを挟んでトーインを調整しました。
やらなくてもいいみたいだけど、一応やっておくと愛が伝わるかも。


簡単なブレーキ交換でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。